紀藤 正樹(きとう まさき、1960年11月21日 - )は、日本の弁護士。第二東京弁護士会に所属している。山口県宇部市出身。2001年9月にリンク総合法律事務所を開設した。 実家は宇部の名家・紀藤家。生家の近所には林芳正の実家がある。母親は茶道教授で、第3代・6代の宇部市長をつとめた紀藤
27キロバイト (3,984 語) - 2022年9月3日 (土) 09:12


(出典 1.bp.blogspot.com)



1 muffin ★ :2022/09/16(金) 19:42:01.11ID:CAP_USER9
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4446791/
2022年09月16日 19時14分

全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹弁護士がMBSテレビ「東野&吉田のほっとけない人」に出演。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題を踏まえ、「マインドコントロールにこんな人は要注意」10項目を提示した。

紀藤氏はフリップで示した項目は以下の通り。

(1)大学に進学した

(2)新入社員である

(3)最近環境が変わった

(4)新しいことにチャレンジしたい

(5)何か社会に役に立つことがしたい

(6)素直な性格だと言われる

(7)完璧主義だと言われる

(8)孤独を感じることがある

(9)健康に不安がある

(10)マインドコントロールに絶対かからないと思っている

理由について聞かれると、「1~3はワンセットで考えた方がいいと思う」とし「つまり環境が変わったときはどんな人でも新しいことにチャレンジしたくなる。その時に上手く『今の生活に満足してますか』とか『何かやりたいことはありませんか?』と声を掛けられると、とりあえず『勉強してみようかな』という気持ち(になる)。そうすると勉強する施設に連れていかれるわけです」と説明した。

また(7)について紀藤氏は「完璧主義者だと言われる人ほど、完璧に人の話を聞こうとするわけです。いい加減な人は聞かないかもしれない。完璧な人は人の話を真面目に聞こうとするから、より入ってきちゃうんですよね」と指摘。

続けて「それで一定入ってくると、完璧な人ほど『自分の考え方が絶対』ってなっちゃうんですよ。いい加減な人は自分の考え方を疑うわけじゃないですか。ところが完璧主義者って基本的に『自分の考え方が元々正しい』と思っている人が多いから、誰かから教えられたことが自分の中でスッキリはまると、逆に〝強固な信念〟に変わるわけです」と解説した。このような現象は高学歴な人物が続々入信したオウム真理教にも当てはまるという。

続きはソースをご覧下さい

【紀藤正樹弁護士が教える「マインドコントロールされやすい人」の10か条】の続きを読む