ブラックホール(black hole)とは、宇宙空間に存在する天体のうち、極めて高密度で、強い重力のために物質だけでなく光さえ脱出することができない天体である。 「black hole」という呼び名が定着する以前までは、崩壊した星を意味する「collapsar(コラプサー)」などと呼ばれていた。光…
68キロバイト (7,740 語) - 2022年7月10日 (日) 14:31

(出典 2.bp.blogspot.com)
だいの勝手な感想

宇宙ってなんなんだろう…

1 ドルテグラビルナトリウム(長野県) [US] :2022/09/21(水) 21:46:24.09ID:BALIoqmW0●

理論物理学の第一人者であるニコデム・ポポワフスキー氏は、今まさに我々は別の宇宙に存在するブラックホールの中で生きているのかもしれないと語る。

「アインシュタイン・カルタン重力理論によれば、すべてのブラックホールは、内部に新しい宇宙を生み出し、
この宇宙とブラックホールが存在する親宇宙とをつなぐアインシュタイン・ローゼン橋(ワームホール)になります」(ポポワフスキー氏)

「新しい宇宙では、親宇宙はホワイトホールの向こう側として現れます。
この空間は、外から入ることができない領域であり、ブラックホールの時間的逆行と考えることができるのです。
したがって、私たちの宇宙は、別の宇宙に存在するブラックホールの内部である可能性があります」(同)

 ブラックホールの中の宇宙のブラックホールの中の宇宙のように、マトリョーシカのような入れ子構造になっているとしたら実に気の遠くなる話だ。
ところで、このような構造はこの宇宙がシミュレーションの中のシミュレーションではないかと疑う「シミュレーション仮説」を彷彿とさせる。

 しばしばSF作品では、こうしたオルタナティブ宇宙は物理法則が激しく変化する無秩序な場として描かれるが、
ポポワフスキー氏は、「トーション」と呼ばれる物理的な力が、親宇宙の物理法則を新しい宇宙にも適用することになると指摘する。

安定的なオルタナティブ宇宙がつながっているという夢のある話だが、悲しいことに“異宇宙人”が我々の宇宙を訪れる可能性はあまりないとポポワフスキー氏は話す。

 だが、ブラックホールは我々の宇宙を探索する上で非常に役立つという。
壮大すぎて想像力の及ばない話だが、回転するブラックホールの強力な引力を利用して、
宇宙船をパチンコのように弾き飛ばし、驚くべき速度まで加速させることができるというのだ。

 いずれにしろ宇宙のメカニズムを知る上でブラックホールは欠かせない存在であることは間違いないだろう。

人類はすでにブラックホールに飲み込まれている可能性が浮上 理論物理学者が提唱
https://tocana.jp/2022/09/post_241209_entry.html

【【速報】人類は既にブラックホールの中だった!?!?!?】の続きを読む