だいますのまとめ

芸能・ニュース全般に対するTwitter・2chの反応をまとめてます!!ブログ初心者夫婦!! スマホ依存夫【だい】とアナログな妻【ます】の二人三脚で頑張ります!!

    CM


    伊藤沙莉 (カテゴリ 過去のエイベックス・グループ所属者)
    日本マクドナルド 「大人のクリームパイ」『大人とはなんぞや』篇(2020年) 「マックフルーリー® ブラックサンダー」『聞いてませんでした』篇(2020年) 「三角チョコパイ 黒白」『三角チョコパイの季節』篇、『一日早い』篇(2020年10月 - ) 「三角チョコパイ」『君と三角と歌』篇(2021年10月12日…
    78キロバイト (10,499 語) - 2022年10月22日 (土) 17:29
    美味しかった!!

    1 爆笑ゴリラ ★
    2022.10.25 17:31

    毎年秋に発売され、季節の風物詩メニューとなったファーストフードチェーン『マクドナルド』のスイーツ商品『三角チョコパイ』。10月11日から新CMがテレビ放送されているのだが、このCMに不快感を覚える人が続出しているようだ。


    今年は、定番の『三角チョコパイ 黒』と、今年初登場の新商品『三角チョコパイ 白の王様』の2種類を発売。CMは「黒と白の王様」篇と題し、俳優の伊藤沙莉と志尊淳が起用されている。

    CMは、紅葉が散りばめられた場所で、伊藤が「今年ーもやっと食べれーる」と歌い出す。そこへ志尊が「三角チョコパイ」を手にしながら駆け寄り、2人は「われらーの秋が来たー」とハモる。

    さらに落ち葉を舞い散らせながら秋を前面に押し出し、その後は2人で「三角チョコパイ」を食べて美味しさもアピール。癖になる独特なメロディーの音楽と、紅葉の美しい景色が見事にマッチしたCMとなっていた。

    まるで洗脳ソング? 新CMに酷評殺到…


    人気商品「三角チョコパイ」の新CMだが、目にした人々は不快感を覚えた模様。特に音楽が耳に残るようで、ネット上では、

    《なんか三角チョコパイのCMがイヤだ。なんでかイライラする》
    《連続で流れるとクソイライラするわ》
    《三角チョコパイは好きだけど、三角チョコパイのCMめちゃくちゃ嫌い》
    《三角チョコパイのCM、志尊淳は嫌いじゃないけど、これは真木よう子と伊藤沙莉が良かったな》
    《そろそろ三角チョコパイのCM嫌いになりそう。何回も流れてくるとマジで無理》
    《三角チョコパイのCM、耳障りで嫌い》
    などの批判が続出している。

    「昨年も同商品が発売された際、同じ楽曲を使用しています。原曲はラップグループ『RIP SLYME』の『太陽とビキニ』という曲で、昨年は伊藤と真木よう子が出演していました。しかし昨年の放送時から《2人とも本当に可愛い!》などと絶賛する声があがるとともに、一部からは《ノイローゼになりそう》などと言われていました。今回はキャスティングの変更もあって、さらに酷評されているのかもしれません…」(
    芸能ライター)

    CMなんて、注目されたもの勝ちではあるが…。

    https://myjitsu.jp/archives/388183

    動画

    (出典 video.twimg.com)

    【マクド『三角チョコパイ』のCMが不評?????】の続きを読む


    永谷園について記す。 「永谷園」の起源は江戸時代の山城国湯屋谷村(現:京都府綴喜郡宇治田原町)で煎茶の製法を開発した永谷宗七郎(のちの永谷宗円)にさかのぼる。 製茶業や茶量の切り売りなどを経たのち、1953年(昭和28年)4月、宗円の10代目にあたる永谷嘉男によって創業された。…
    55キロバイト (7,114 語) - 2022年9月4日 (日) 07:22

    (出典 1.bp.blogspot.com)

    だいの勝手な感想

    結構不評なんですね…
    私は好きなCMでした

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/09/21(水) 10:07:28.84 ID:CAP_USER9.net
    90年代に放映された永谷園のお茶づけCMが復活した。ネット上では「懐かしい」の声が続出して…。

    2022/09/17 04:15

    斎藤聡人

    「ただいまお茶づけ中」。ジリリリリリと背後で鳴り響く黒電話には目もくれず、男性が一心不乱にお茶漬けをかきこむ──。

    9日から、1990年代に放映されていた永谷園のお茶づけのCMが流れている。ネット上では懐かしむ人が続出している。レトロCMはなぜ、いま復活したのだろか…。








    ■97年に放映され大人気に

    今回復活を遂げたのは、97年に放映された永谷園の「お茶づけ海苔」CMだ。当時爆発的話題となったので、覚えている人も多いのではないか。

    たくさんの人の記憶に残った理由は「分かりやすさ」だろう。内容としては電話のベルが鳴る中、男性が笑顔も見せず「おいしい!」と絶賛することもなく、お茶づけを黙々とすするだけ。

    シンプルな絵でありながら、見た後にはお茶づけが食べたくなる不思議な魅力がある。







    ■30代記者もノスタルジックに

    9月初旬の夜、テレビを見ていた記者はこのCMを目にして衝撃を受けた。放映当時、小学生だった記者はCMに影響されて一時期、永谷園の海苔茶づけを毎日のように食べていたからだ。

    ネット上でも、「永谷園むかしの神CM復活させてる」「今でも黒電話なのがいい」「このCM懐かしすぎて涙」「この男の人の真似して食べてたなぁ」など、当時を懐かしむ人の声が多数あがっている。「レトロCM」はなぜ25年の時を経て蘇ったのだろうか。

    永谷園ホールディングスに話を聞いたところ、意外な「舞台裏」が明らかになったのだ。




    ■今年発売70周年

    同社によると、看板商品である「お茶づけ海苔」が今年発売70周年を迎えることを記念してリバイバル放映となったそうだ。ただ、70年の間にたくさんのCMが流れていたはず。

    なぜ、今回のCMを選んだのだろうか。「放映当時、若年層の方々に広く受け入れられたことで『永谷園のお茶づけ』を多くの方に食べていただくきっかけになりました。発売70周年を機に、当時のCMそのままにリバイバル放映することで、今の若年層の皆様にも『お茶づけ』を食べていただくきっかけになればと考えています」(永谷園ホールディングス広報部)。

    ちなみに、件のCMに出演している男性は広告代理店の社員でタレントではない。デモンストレーションで出ていた際の食べっぷりの良さによって起用されたそうだ。

    たしかに、今見てもおいしそうに食べている…。







    ■黒電話にした理由

    「スマホ時代」に黒電話の映像を流しているのにも理由があった。「放映当時も、すでにプッシュ式固定電話から携帯電話への移行期でしたが、本CMによりお茶づけを多くの方に食べていただくきっかけとなりました。黒電話は時代に関わらず、わかりやすいアイコンだと考えています」(前出・永谷園ホールディングス広報部)。

    たしかに、あの「ただいまお茶づけ中」の紙をバシッと置くのは黒電話のほうが印象に残る気がする…。

    永谷園のお茶づけは濃厚なラーメンスープをベースにした「ラーメン茶づけ」や上品な味わいの「鯛だし茶づけ」など、以前より種類が格段に増えた。だが、今回のCMに倣って原点である「お茶づけ海苔」を食べてみてもいいかもしれない。

    ・合わせて読みたい→イオンで買える「永谷園のお楽しみ袋」が今回もスゴい これはお得すぎる…

    (取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人)

    https://sirabee.com/2022/09/17/20162938474/2/

    【永谷園、「ただいまお茶づけ中」CM復活に歓喜の声 再放映になった”意外な理由”】の続きを読む

    このページのトップヘ