だいますのまとめ

芸能・ニュース全般に対するTwitter・2chの反応をまとめてます!!ブログ初心者夫婦!! スマホ依存夫【だい】とアナログな妻【ます】の二人三脚で頑張ります!!

    経済


    造血幹細胞移植や腎移植は、全国の多数の医療機関にて広く実施されている。心臓、肺、肝臓、膵臓、小腸の移植手術を実施している施設は限定されるため、以下に示す。 移植施設(2013年5月1日現在) 心臓移植施設のうち、心肺同時移植が可能な施設は◎ 肺移植施設のうち、肺単独移植をしない施設は△ 膵臓移植施設は、総ての施設で膵腎同時移植が可能。…
    30キロバイト (3,622 語) - 2022年10月2日 (日) 00:37
    ますの勝手な感想

    円安の影響か…厳しい。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/11/14(月) 18:20:02.85ID:W+PMWMXD9
    2022年11月14日 14:51

    1歳の娘の海外での心臓移植を希望する家族らが、円安の影響で手術費用が過去にないほど高騰し、5億円あまりが必要だとして支援を訴えました。

    海外心臓移植を目指しているのは、1歳の佐藤葵ちゃんです。葵ちゃんは、生後、先天性心疾患と診断され、これまでに4回の手術を乗り越えてきました。

    しかし、心臓のポンプ機能が低下し、必要な血液を送り出せなくなり、両親は、海外での心臓移植手術を決断しました。

    ただ、保険は適用されず、去年であれば3億5000万円ほどとされた海外での手術費用は、円安やウクライナ侵攻などの影響でおよそ1.5倍に高騰し、医療費や渡航費などあわせて5億3000万円という過去に例のない金額が必要だといいます。

    https://news.ntv.co.jp/category/society/8102c50aced84964a726fcd1b5c9d257

    【円安で高騰…海外での心臓移植に5億円 1歳児家族らが支援訴え】の続きを読む


    森永 卓郎(もりなが たくろう、1957年7月12日 - )は、日本の経済アナリスト、エコノミスト、タレント、獨協大学経済学部教授。専門は、マクロ経済・計量経済・労働経済・教育計画、オタク文化論など。愛称・通称は「モリタク」。 長男は証券アナリスト、経済アナリスト、実業家である森永
    67キロバイト (9,491 語) - 2022年10月25日 (火) 22:43
    ますの勝手な感想

    どうなるんでしょうね??

    1 首都圏の虎 ★ :2022/11/14(月) 21:30:53.15ID:NHI88wjr9
    経済アナリストの森永卓郎が11月14日(月)、ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』に出演。急速に進んだ円高について、今後さらに円高が進行するのではないかと予想した。

    11日のロンドン外国為替市場の円相場は、対ドルで急騰し、一時1ドル=138円台と約2カ月ぶりの円高ドル安水準を更新。10日からの1日で7円以上も円高が進んだ。森永は「そもそもこれまでの150円台という為替は、どう考えても行きすぎた円安だった」と分析した。

    今回、急速に円高が進行した背景について、米国の物価上昇が鈍ったことで、利上げペース減速の思惑が広がったと見られている。森永は「財務省の為替介入がきっかけだと思うが、ドル高恐怖症になっていて、ちょっとショックがあると一気にパニックを起こして円高に動いた」と分析した。続けて「私の計算だと1ドル130円ぐらいが当面の適正水準」と明かしたうえで「私は、円安の流れがもっと逆に行くと見ている」と持論を展開。

    さらに「FXの場合、為替は25倍に水増しして取引できる。ということは4%目論みが外れると破産する。私は今回の切り返しで投機家の皆さんの損失は大きいと思うが、本来の為替である130円台に回帰しやすい状況に戻ってきていると思う」と自身の考えを明かした。

    今後の相場にいて森永は「今までは“物価高”というワードが世間を賑わせていた」と前置きしたうえで「私の予想では3ヶ月後にはデフレ。“仁義なき値下げ抗争”が起きる」と、今後は円高がさらに進行するのではないかと予想した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/78365005c2b184c930d6264ed4581e008b57e9ed

    【「3ヶ月後には“値下げ抗争”が起きる」 急激な円高進行を受け森永卓郎氏が大胆予想 】の続きを読む


    アメリカ合衆国 > ハワイハワイ州 State of Hawaii Mokuʻāina ʻo Hawaiʻi 州の愛称: アロハ・ステート The Aloha State ハワイ州(ハワイしゅう、英: State of Hawaii [həˈwaɪ.i] ( 音声ファイル) 、ハワイ語:…
    130キロバイト (15,527 語) - 2022年11月10日 (木) 10:34
    チップすごいなぁ。。
    ゆとりある生活か…おくりたいものです。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/11/14(月) 12:11:22.24ID:1lOv7Rto9
    年初には1ドル=115円台だったドル円相場の円安進行が止まらない。10月下旬には約32年ぶりに1ドル=150円を突破した。一方で給料は30年も横ばいのままで、2021年の日本の平均賃金はG7で最下位となった。一方、海外では世界的な人手不足で賃金が上昇しており、超円安の状況下では、日本で働くより海外で働いた方が収入が増えると、話題になっている。アメリカで“出稼ぎ”をしている日本人たちに、そのリアルな給料事情を聞いた。

    有名レストランのウエートレスでチップが月100万円
     サーフィンが趣味で、こんがり焼けた橋本恵美さん(25才)は、ハワイで充実した毎日を送っている。


    「いまハワイは人手不足なので、時給がどんどん上がっています。私は現地の有名レストランでウエートレスをしていますが、人気店なのでチップがいい。朝だけ数時間、週数日のパートで月100万円くらい稼いでいます。趣味のサーフィンも楽しめて最高です」(橋本さん)

    給料も仕事のやりがいも増えた
     海外は儲かるだけでなく、心が安らぐという声も多い。

     シカゴのパン店で働く小野寺洋二さん(40才・仮名)はコロナの影響で国内の勤務先が倒産し、1年半前に知り合いのツテをたどって渡米した。

    「日本では手取りの月収が24万円でしたが、こっちは70万円。オーナーの知り合いの借家に妻と子供と暮らし、1年半で260万円貯金しました。子供は1人だけのつもりでしたが、経済的に落ち着いたので2人目もほしくなり、妻は現在、妊娠4か月です」(小野寺さん)

     朝5時に出勤する小野寺さんの帰宅は17時。一見、長時間労働だがトータル4時間の休憩があり、職住近接でランチは自宅で家族と食べている。週2~3回の休みはドライブや公園の散歩を楽しむ。

    「日本で働いていた頃はサービス残業が当たり前でしたが、こっちでは収入が増えて精神的なゆとりができ、仕事にやりがいが持てるようになった。思い切って日本を出てよかったです」(小野寺さん)

    日本で人間関係に苦しんだ夫がNYで5倍の年収
     ニューヨークで洋服やバッグのリフォーム店を経営する本田英恵さん(35才・仮名)は夫婦で大きな収入を得るに至った。


    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4da93ddc76e442853cc985b18997bf9d033f90ed

    【ハワイで働く日本人ウエートレス 朝だけ週数日勤務で「月収100万円」】の続きを読む


    食事 (食生活からのリダイレクト)
    現代では、朝食、昼食、夕食、計3回食事を摂る習慣が一般的となっている。昼間に活動し、夜間は眠るという通常の生活サイクルに合わせたものであるが、夜食を摂る場合や、朝食や昼食の間、昼食から夕食の間に間食を摂る場合もある。 食生活は、地域や民族を問わず、所得の増加によって以下の四段階のパターンをたどる、ともされる。 第1段階…
    18キロバイト (2,768 語) - 2022年11月3日 (木) 11:40
    食費を削るのはなかなか難しい…
    他を削るしか無い。

    1 ぐれ ★ :2022/11/13(日) 13:50:28.46ID:DfVwOpCR9
    ※11/12(土) 19:15配信
    マネーポストWEB

     混迷を深めるウクライナ情勢や急激な円安の影響で輸入価格が高騰し、相次ぐ「値上げ」の波が人々の生活を襲っている。スーパーなどで見られる食料品価格の値上げは、たんに家計の問題だけでなく、私たちの食生活のあり方すら変化させようとしているのかもしれない。これまで貯金のために自炊に励んできたという一人暮らしの20代男性会社員に、フリーライターの吉田みく氏が話を聞いた。
     * * *
     私たちの生活に関するものが軒並み値上がりしている。帝国データバンクによると、10月の食料品値上げは6700品で今年最多だった。11月には乳製品や冷凍食品の値上げが予定されている。ソーシャルグッドマーケット「kuradashi」の運営会社が行った「物価高騰の影響によるライフスタイルの変化についての調査」によると、全国の男女4300人を超える回答者の87.2%が「物価高騰が家計に影響」と回答。老若男女を問わず、値上げに悩まされていることが窺える。

     都内在住の会社員、ショウゴさん(仮名、26歳)は、物価上昇の影響で食生活のバランスが崩れて大変な思いをしたという。

    「スーパーマーケットで買い物をするたび、値上げしてるな……と思うことが増えました。円安の影響などで仕方がないかもしれませんが、正直生活は苦しいです」(ショウゴさん、以下同)

     ショウゴさんの月収は25万円弱。家賃5万円台の単身者向けアパートに住み、学生時代に借りた奨学金を毎月2万円ずつ返済しながら生活している。それでも、動画サイト視聴などお金のかからないことを趣味にしていることもあり、月に3万円ほどの貯金ができていたという。

     しかし、物価上昇の影響で貯金することも厳しくなり始めた。そこで思いついたのが、食費を切り詰めることだった。


    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/90c9f4c29561d64b74616cc63d2bd6fce8899baf

    【【値上げラッシュ】もはや「健康的な食事」は贅沢なのか… 物価高騰で自炊と節約が両立できなくなった20代男性の絶望】の続きを読む


    ニッセン(Nissen) ニッセンホールディングス - 京都市に本社を置く大手通販会社(持株会社)。ニッセンはその事業子会社、また旧社名である。 ニッセン・ジー・イー・クレジット - ニッセンホールディングスとGEの2社出資によるクレジットカード会社。 日本繊維新聞の略称。 デンマーク起源の姓。 クリス・ニッセン…
    1キロバイト (177 語) - 2014年6月6日 (金) 11:49
    猫カフェ行きたい!!

    1 WATeR ★ :2022/11/13(日) 14:41:08.12ID:Ge82CEvL9
    2022/11/12 12:30
    https://www.sankei.com/article/20221112-ZZSESEGBSVJJVIHVMN25DVSB5E/

    「『ねこすきねこずっとさわってたい』という社員の熱い想いが炸裂(さくれつ)し、ねこの触り心地等を再現して商品化してしまうという、傍からみると『やべえな』という企画が通りました」-。
    ファッション通販のニッセン(京都市)が公式ツイッターでこう宣伝した寝具の新商品「猫フィール」が販売開始日に完売し、話題を呼んでいる。「猫をなでている手触り」をひたすら追求した結果、予想以上のヒットとなった新商品。企画したのは入社1年目の猫好き社員だった。

    生産体制見直し
    「猫フィール」は、肌ざわりの心地よさにこだわった寝具シリーズの今冬の新作として10月19日に販売をスタート。毛布(税別3990円~)、敷きパッド(同2990円~)、ブランケット(同1790円)、クッション(同2990円)の4種類で、グレー系の「ロシアンブルー」とベージュ系の「スコティッシュフォールド」の2色展開だ。初日で全商品が完売し、約2週間後に予約受付を再開するも、5時間ほどで全商品の予約販売を一時的に終了せざるを得ない状況に追い込まれた。

    一定の販売を見込んでいた同社は、十分な在庫を準備していたという。ただ、冒頭の公式ツイッターの拡散効果が「想定を上回るものだった」(広報)といい、急遽生産体制を見直す事態に。現在は「入荷お知らせメール」を登録すれば、再開時に通知する対応を取っている。

    開発1年がかり
    開発のきっかけは昨年12月に行われた冬商材の企画会議。入社1年目だった長野初美さんが「猫を触っていると癒されるんですが、今は飼える状況じゃない。猫カフェに通っても、猫ちゃんはなかなか触らせてくれない」と吐露。「同じような状況の人や、アレルギーで触れない人も存分に猫の触り心地を感じられる商品があれば」と提案した。

    商品本部の佐久間悠部長は「提案者の熱意がとても強くて、視点もブランドコンセプトに合っていた」と採用。猫の触り心地の再現に徹底してこだわろうと、商品開発を進めた。

    さまざまな素材の加工法などを確認して試作を繰り返し、猫を飼っている10人ほどの部員が厳しくチェック。「触り心地がよくても、『猫じゃない』なら意味がない」を徹底した。佐久間部長も猫カフェに通い詰め、なかなか触らせてくれない猫の習性を学ぶとともに、触り心地やぬくもりを何度も確かめたという。

    1年がかりでようやく再現にこぎつけた「猫の触り心地」。長野さんは「提案したときは、まさか商品化されるとは思っていなかった」と明かし、「ここまで本気で取り組んでもらい、猫の手触りを作り出せたことは二重の驚きです。猫をずっとなでていたい、という自分と同じ思いの方々にも満足していただけるとうれしい」。同社は来春、猫種やアイテムの種類を増やした新商品の販売を予定しているという。

    経済効果「ネコノミクス」は1.9兆円
    一般社団法人「ペットフード協会」によると、令和3年の犬・猫の推計飼育頭数は約1600万頭。うち犬は約710万頭で減少傾向にあるが、猫は約890万頭で緩やかに増加している。また、「生活に喜びを与えてくれる存在」の質問で、犬飼育者のトップは「家族」(32・3%)で「ペット」は27・5%と次点だったが、猫飼育者は1位が「ペット」(28・6%)、2位が「家族」(26・4%)だった。


    猫が生み出す経済効果「ネコノミクス」は今年、約1兆9690億円に上るとの推計もあり、猫をめぐる市場は拡大中。生活環境などから猫を飼いたくても飼えない人を対象とした商品も続々と販売されており、猫の心音や喉を鳴らす「ゴロゴロ」音まで再現したクッションなども登場している。


    ニッセンオンラインでも、「犬(イヌ)」検索でヒットする商品が約130点なのに対し、「猫(ネコ)」は290点以上。同社広報担当の山本久美子さんは「猫は犬と違い、自分の飼い猫であってもいつでも撫でさせてくれるわけではないせいか、愛猫家の方が熱量が高いように感じます」と話していた。

    【猫の手触り再現した寝具、初日完売のヒット商品に!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ