だいますのまとめ

芸能・ニュース全般に対するTwitter・2chの反応をまとめてます!!ブログ初心者夫婦!! スマホ依存夫【だい】とアナログな妻【ます】の二人三脚で頑張ります!!

    ドラマ



    (出典 img01.ti-da.net)



    1 湛然 ★ :2022/06/23(木) 07:42:54.67
    5代目相棒は寺脇康文! 右京&亀山の名コンビが14年ぶり復活 テレ朝「相棒」新シーズン10月からスタート
    2022/06/23 05:00 サンスポ
    https://www.sanspo.com/article/20220623-O2E7YEFTTBN5RGZDG56QTGAGV4/
    5代目相棒として復帰する薫役の寺脇(右)と右京役の水谷。シーズン7以来、14年ぶりにタッグを組む

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



    名コンビが復活! テレビ朝日系人気シリーズ最新作「相棒 season21」(水曜後9・0)が10月からスタートすることになり、初代相棒・亀山薫を務めた俳優、寺脇康文(60)が主演俳優、水谷豊(69)と再タッグを組むことが22日、分かった。シーズン7で卒業して約14年。5代目相棒として帰ってくる寺脇は「流行りの言葉にすると、『シン亀山薫』でございます!」と喜んでいる。

    杉下右京が初めて相棒と認めた熱血漢が、〝シン化〟して国民的ドラマに戻ってくる。

    2000年にスペシャルドラマとして誕生した「相棒」は、警視庁特命係の天才警部・右京(水谷)が相棒とともに難事件を解決する人気シリーズ。水谷との息の合ったコンビでお茶の間に親しまれ、歴代最多出演回数を打ち立てた4代目相棒・冠城亘役の反町隆史(48)が前シーズンで卒業。注目を集めていた新相棒に選ばれたのが寺脇だ。

    プレシーズンから08年12月のシーズン7第9話まで足かけ9年、124話にわたって右京の初代相棒を熱演し、水谷とともにドラマの礎を築いた〝功労者〟。「相棒」をさらに深化させるべく復帰が決まった。

    歴代相棒のなかでも、とくに人気が高かった薫。右京とは固い絆で結ばれていたが、高校時代の友人の死をきっかけに警視庁を退職し、南アジアの小国・サルウィン(架空の国)に移住。劇中ではその後、回想シーンや登場人物の会話に何度か名前が出てくることはあったが、右京と連絡を取るなどの描写はなかっただけに、2人がどんな再会を果たすか注目される。かつての相棒が復活するのは初めての試みで、物語にも厚みが増しそうだ。

    寺脇は、14年ぶりに自身の〝分身〟を演じられることに、「感謝の気持ちでいっぱい」と感慨深げ。水谷も「亀山くんが帰ってくる」と再タッグを心待ちにする。

    7月に70歳になる水谷と還暦を迎えた寺脇によるベテランコンビが再び活躍する新シーズンは、今夏にクランクイン。近年は映画「シン・ウルトラマン」「シン・仮面ライダー」など初代のリブート作品が話題となっているだけに、寺脇は「仮面ライダー1号が帰ってきたように、相棒1号も帰って参ります! 今、流行りの言葉にすると、『シン亀山薫』でございます!」と、成長した姿を見せることを約束している。

    (※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    【【朗報】5代目相棒は寺脇康文! 右京&亀山の名コンビが14年ぶり復活 テレ朝「相棒」新シーズン10月からスタート】の続きを読む


    一龍斎 貞弥一龍貞弥、いちりゅうさい ていや、2月2日 - )は、青二プロダクションに所属する女性声優、講談師、ナレーター。大分県出身。旧芸名は原 亜弥(はら あや)。 大分県臼杵市生まれ。大分県立大分上野丘高等学校、日本女子大学文学部国文学科卒業。 1989年に青二塾東京校10期生となり、
    8キロバイト (651 語) - 2022年6月21日 (火) 18:26


    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/12(日) 16:53:01 ID:CAP_USER9.net
    2022/06/12 12:00
    著者:磯部正和

    いよいよ本日12日に最終回を迎えるTBS系日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜21:00~)。誘拐犯が誰か――という考察が盛り上がるなか、ある側面で作品を盛り上げているのが、二宮和也演じる鳴沢温人らとやり取りをしている犯人の声だ。
    物語上では、犯人が機械を通して発していることになっているが、実際は声優・一龍斎貞弥が演じているという。この意図について、本作のプロデューサーを務める飯田和孝氏に聞いた。
    https://news.mynavi.jp/article/20220612-myfamily/




    第1話、多部未華子演じる鳴沢未知留の携帯にかかってきた“非通知設定”の着信。未知留が電話をとると「こんばんは、鳴沢未知留さん。温人さんもいるならスピーカー設定にしてください」という機械音声のような声が流れる。
    温人は「文字を読み上げる機械使ってるんじゃないの?」と無下に電話を切ると、続いて温人の携帯に同じく“非通知設定”で電話がかかってくる。

    いぶかしげな表情を浮かべる温人は電話に出ると「こんばんは鳴沢温人さん」と先ほどと同じ電話の声が流れる。さらに電話の相手は「友果さんを誘拐しました」「警察に通報した場合は友果さんを殺します」と衝撃的な言葉を発する。
    ここから続く連続誘拐事件。犯人からの電話は、すべて温人が「文字を読み上げる機械」と発言した不気味な声だった。この声、物語上は機械音声という設定だが、実際は声優の一龍斎貞弥が演じているという。
    敢えて生身の人間の声を使用したことについて飯田プロデューサーは「給湯器から流れる“お風呂が沸きました”という声をやられている一龍斎さんにお願いしました」と語ると「Siriみたいな機械音声も試してみたのですが、とても規則正しい音でリズムも一定になってしまい、あまり不気味さを感じなかったんです。
    誘拐事件であり、温人たちはこの声によって追い込まれていくわけで、こちら側も間やイントネーションなど微妙な部分で演出をしたいと思ったんです。その意味で、声優さんにお願いした方がいいという考えになりました」と理由を説明する。
    一龍斎には毎週収録に参加してもらったという。「声を聞いた人をどうやってドキッとさせるか……という部分は一龍斎さんもいろいろ考えてくださいました。演出側と間やイントネーションなど、工夫をして演じてもらって、ああいう形の声になりました」とかなりのこだわりを持って作り上げた声であることを明かすと
    「実際の現場では、収録した声を出して演じてもらっています」と俳優たちの恐怖や怒りに震える迫真の演技の一役を担っているという。

    次へ:不気味な着信音への反響で実…
    https://news.mynavi.jp/article/20220612-myfamily/2

    【【ドラマ】 『マイファミリー』犯人の声は機械音声ではなく「お風呂が沸きました」の声優が担当 】の続きを読む


    成宮 寛貴(なりみや ひろき、1982年〈昭和57年〉9月14日 - )は、日本の元俳優。東京都出身。俳優として活動していた時はトップコートに所属していた。 現在は本名の平宮 博重(なりみや ひろしげ)名義で商品プロデュースなどの活動を行っている。 2000年に、オーディションを経て宮本亞門演出の
    40キロバイト (5,222 語) - 2022年5月28日 (土) 05:46


    (出典 otakaranet.com)



    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/06/07(火) 14:25:24.24 ID:CAP_USER9.net
    6/7(火) 13:03
    J-CASTニュース

    元・成宮寛貴、尾崎豊の息子と「I LOVE YOU」歌唱を報告 ドラマで尾崎役演じる

     成宮寛貴として活動していた元俳優の平宮博重(なりみや・ひろしげ)さんが2022年6月7日にインスタグラムを更新し、尾崎豊さんの息子として知られる歌手の尾崎裕哉さんとカラオケに行ったことを明かした。

    ■「一緒にI LOVE YOUを歌われたなんて...」

     平宮さんは俳優時代の2011年3月21日に放送されたスペシャルドラマ「風の少年~尾崎豊 永遠の伝説~」(テレビ東京)で尾崎豊さんを好演。「I LOVE YOU」をはじめとした尾崎さんの楽曲は平宮さんが歌った。

     平宮さんはインスタグラムに、裕哉さんとのツーショット写真を公開。「久しぶりの再会」とつづり、「一緒にカラオケで"I LOVE YOU"歌った」と尾崎豊さんの名曲「I LOVE YOU」をふたりで歌ったことを報告していた。

     この投稿に平宮さんの元には、

    「凄いツーショット」
      「素敵な関係ですね」
      「一緒にI LOVE YOUを歌われたなんて感無量で嬉しいです」
      「2人の『I LOVE YOU』想像してみるだけで感動します」

    などの声が集まっていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/17cb950bbbba446af9b1352c9e63f57a3d4af5a5

    【写真】尾崎裕哉さんとのツーショット

    (出典 www.j-cast.com)

    【元・成宮寛貴、尾崎豊の息子と「I LOVE YOU」歌唱を報告 ドラマで尾崎役演じる】の続きを読む



    (出典 newsimg.oricon.co.jp)



    1 ひかり ★ :2022/06/12(日) 22:27:18.59
     嵐の二宮和也が主演するTBS系日曜劇場「マイファミリー」(日曜・午後9時)の最終話が12日に放送された。真犯人が逮捕され、二転三転した物語が幕を閉じた。ネット上では真犯人の正体、その意外な犯行動機などに驚きの声が上がった。(以下、ネタバレがあります。ご注意ください)

     同ドラマは、仕事もプライベートも順調で何もかも手に入れたはずの主人公で「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の社長・鳴沢温人(はると、二宮)と妻・未知留(多部未華子)の娘・友果(大島美優)が誘拐された事件をきっかけに直面する数々の試練、友人の弁護士・三輪碧(賀来賢人)、元刑事・東堂樹生(濱田岳)らとの人間模様が描かれていくノンストップファミリーエンターテインメント。脚本は「グランメゾン東京」(2019年)、「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(21年)などで知られる黒岩勉氏のオリジナル。

     最終話では、事件の真相のカギを握るタブレットを持っていた未知留が、何者かに背後から襲われ誘拐された。直後、温人の元に非通知で電話がかかってくる。あの女性の音声だ。相手は、未知留と引き換えに東堂の身柄を要求してきた。三輪と東堂の協力を仰ぎ、温人は相手の要求に応じた。ただ相手が伝えてきた茅ヶ崎の廃墟に未知留の姿はなく、「探さないでください」と書かれたメモだけ残されていた。

     電話の相手は、電話で東堂の妻・亜希(珠城りょう)を名乗り、温人らに事件の内幕を語り始める。5年前に起きた娘・心春(野澤しおり)の誘拐事件は、東堂と未知留が不倫関係にあったことを知った心春による狂言誘拐だった、というものだった。しかし、これはでっち上げだった。

     東堂と未知留が監禁された本当の場所は、伊勢原の廃墟だった。そこに姿をみせたのは、なんと捜査一課長の吉乃栄太郎(富澤たけし)。吉乃は「さっきの話を信じた鳴沢さんの供述により、すべて二人の責任ということで捜査は幕引きです」と、2人を殺そうとするところで、温人が助けにやってきた。三輪と別行動をとり、スマホを巧みに使い分けながら監禁場所にたどり着いたのだった。真犯人の吉乃は、武装した警察隊に取り押さえられた。

     上司の逮捕に尽力した警部・葛城圭史(玉木宏)が温人に明かした真相は意外なものだった。育児に悩みを抱えていた亜希は、東堂の上司だった吉乃に相談するうちに、2人は深い関係に。母親の不倫に気づいた心春は、浮気現場をスマホで写真に収め、友人の実咲(凛美)に見せていた。さらに、両親の仲を取り戻すために、吉乃に狂言誘拐を持ち掛ける。だが、心春からスマホを取り上げようとした吉乃は、心春を振り払い階段から落としてしまう。

     吉乃は営利誘拐を実行。亜希は、不倫をした自分を責めて失踪した。吉乃は、心春を探し出すために模倣犯となった東堂にすべての罪をなすりつけようと画策。だが、対面してしまった実咲に、疑われてしまう。そこで、自ら実咲を誘拐。さらに浮気写真データが収められていたタブレットを持つ未知留も誘拐したのだった。吉乃の供述によると、「家族にバレるのが怖かったそうです」と明かす葛城に、温人は「……大人はバカばっかりですね」と応じた。

     まさかの警察幹部の逮捕と犯行動機にネット上は騒然。「お前かよ!!」「うわぁー、どきどきした」と驚きの反応とともに、「吉乃最悪…」「まさかの全ての根源が不倫て」と怒りの声も上がった。また、東堂に対しては「東堂地獄やん」「東堂、救いがねえ」「心春ちゃんまじか…」「 悲しすぎだろ…」と同情の声が上がった。温人について「温人、間に合って良かった かっこいい」「はるとのポテンシャルすごすぎる」と称賛する声も寄せられた。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4e292f813ed1b03b267a413003b64d833fef733e

    【【マイファミリー】予想外の真犯人逮捕…犯行動機にネット衝撃「救いがねえ」】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/06/07(火) 06:27:44 ID:CAP_USER9.net
    2022年6月7日 2時00分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0130527

    (出典 img.cinematoday.jp)


    斧手のモーガン役のラングレー・カークウッド、カヤ役のセレスト・ルーツ、クラハドール役のアレクサンダー・マニアティス、ゼフ役のクレイグ・フェアブラス、ミホーク役のスティーヴン・ウォード、ノジコ役のチオマ・ウメアラ

    (出典 img.cinematoday.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


     7日、尾田栄一郎の人気漫画を実写ドラマ化するNetflixオリジナルシリーズ「ONE PIECE」で、ルフィたち“麦わらの一味”が乗るゴーイングメリー号などのコンセプトアートと、実際に建設された撮影セットを収めた特別映像が公開。さらに、ミホークをはじめとした重要キャラクターを演じる追加キャストが発表された。

     「ONE PIECE」は、伝説の海賊王、ゴール・D・ロジャーが残した「ひとつなぎの大秘宝」(ワンピース)を求め、主人公モンキー・D・ルフィ率いる海賊“麦わらの一味”が冒険へと繰り出す物語。実写版の麦わらの一味は、ルフィ役をイニャキ・ゴドイ、ロロノア・ゾロ役を新田真剣佑、ナミ役をエミリー・ラッド、ウソップ役をジェイコブ・ロメロ・ギブソン、サンジ役をタズ・スカイラーが務める。

     今回公開された映像には、コンセプトアートに続いて、麦わらの一味の大切な仲間であるゴーイングメリー号や、海上レストラン・バラティエ、物語の始まりの舞台フーシャ村など、おなじみの世界が実際に生み出されていく様子が、タイムラプスで映し出されている。南アフリカに建設されたという、こだわりのセットについて、脚本・製作総指揮のマット・オーウェンズは「原作の世界が再現されていく様子は見ていて感動的でした。細部までこだわって作り上げるため多大な時間を費やしています」と熱弁している。

     さらに、物語を彩るキャラクターを演じる、新たな追加キャストも決定。逆らう者は味方だろうと容赦なく処刑するシェルズタウンの支配者・斧手のモーガンをラングレー・カークウッド、シロップ村でウソップが元気付けていた大富豪のお嬢様・カヤをセレスト・ルーツ、カヤの家の執事・クラハドールをアレクサンダー・マニアティス、かつては”赫足”と恐れられる海賊だったバラティエのオーナー・ゼフをクレイグ・フェアブラス、“鷹の目”の異名を持つ世界最強の剣士ミホークをスティーヴン・ウォード、ナミの義理の姉ノジコをチオマ・ウメアラがそれぞれ演じる。

     そのほか本作には、コビー役でモーガン・デイヴィス、アルビダ役でイリア・イソレリス・パウリーノ、ヘルメッポ役でエイダン・スコット、バギー役でジェフ・ウォード、アーロン役でマッキンリー・ベルチャー、ガープ役でヴィンセント・リーガン、そして、赤髪のシャンクス役でピーター・ガディオットが出演。米 Tomorrow Studios との共同制作となり、尾田も製作総指揮に名を連ねる。第1話の仮エピソード名は、原作第1巻・第1話のタイトルと同じ「ROMANCE DAWN」であることが発表されている。(編集部・入倉功一)

    実写版「ONE PIECE」セット建設のタイムラプス特別映像


    (出典 Youtube)


    【【悲報】実写版「ONE PIECE」ゴーイングメリー号が山羊過ぎると話題に。ミホーク役ら新キャストも発表】の続きを読む

    このページのトップヘ

    body { font-family: "游ゴシック", "Yu Gothic", "YuGothic", "メイリオ", "Meiryo", sans-serif; font-weight: 500; }