だいますのまとめ

芸能・ニュース全般に対するTwitter・2chの反応をまとめてます!!ブログ初心者夫婦!! スマホ依存夫【だい】とアナログな妻【ます】の二人三脚で頑張ります!!

    アーティスト


    YOSHIKI(よしき、1965年〈昭和40年〉11月20日 - )は、日本のミュージシャン、ドラマー、ピアニスト、マルチプレイヤー、ソングライター、音楽プロデューサー。 血液型はB型。 ロックバンドX JAPANのリーダーであり、映画、テレビ、アニメなど様々な作品の音楽コンポーザーも務める。本名は林…
    153キロバイト (20,350 語) - 2022年11月6日 (日) 14:50
    ますの勝手な感想

    重大発表とはいったい!?!?

    1 冬月記者 ★ :2022/11/08(火) 21:38:25.59 ID:4fWW35vP9.net
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f407ef00e23a3f94ac4785f4df8dcb42846d5f5

    YOSHIKI重大発表に憶測飛び交う「バンド組むのありえるんか 豪華すぎ」「ワクワクより怖い…」


     米ロサンゼルス在住の「X JAPAN」YOSHIKIが、11日正午に緊急帰国記者会見を行うことを9日、自身のSNSなどで報告した。

     また、4人組ロックバンド「L’Arc~en~Ciel」のボーカル・HYDEや、5人組ロックバンド「LUNA SEA」のギタリスト・SUGIZO、ギタリストのMIYAVIも同時刻に「重大発表」を行うことを予告。

     音楽に携わる大物4人が同時に重大発表を行うことにネットでは様々な予想や憶測がされている。

     ツイッターには「4人でなんかやるって事?そうならめちゃくちゃ熱すぎる」「HYDEさんとYOSHIKIさんとSUGIZOさんとMIYAVIさんが揃って重大発表……バンド組むのかこれは」「ポッキーの日に何の重大発表があるんや、、?」「レジェンドさんたちが揃って重大発表ってなんやろねバンドでも組むんか?」「……いや、同時重大発表ならバンド組むのありえるんか……?え!豪華すぎて怖いわ」など4人がバンドを結成するのではと推測するツイートが投稿された。

     また「めちゃ気になるんですけど。仕事が手につかないぞ~。いい発表でありますように…」「私はワクワクより怖い…」「いい発表だといいなぁ…『重大発表』って深刻なイメージがある」など不安な声もあがっている。

    【【音楽】YOSHIKI重大発表に憶測飛び交う 「バンド組むのありえるんか 豪華すぎ」「ワクワクより怖い…」】の続きを読む


    KGDR (キングギドラ (ミュージシャン)からのリダイレクト)
    KGDR(キングギドラ)は、日本のヒップホップグループ。 1993年にキングギドラ名義で結成、1995年に発表したデビュー・アルバム『空からの力』は日本のヒップホップ界のみならず、幅広い音楽シーンに影響を与えるも、1996年に活動を停止(事実上の解散)。 2002年に期間限定で再結成。2011年に2…
    19キロバイト (2,315 語) - 2022年11月1日 (火) 16:24
    だいの勝手な感想

    公開処刑

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/10/21(金) 11:58:37.31 ID:smJC/iQ99.net
    10/21(金) 10:57配信
    スポニチアネックス

    ついに!伝説的ヒップホップグループ「キングギドラ」がサブスク解禁!Zeebra「お待たせしました!」

     1990年代から日本のヒップホップシーンで活躍した「キングギドラ」が21日、定額制音楽ストリーミングサービス(サブスク)を開始した。

     キングギドラはZeebra、Kダブシャイン、DJ OASISの3人で構成されたヒップホップグループで1995年にデビュー。現在の和製ヒップホップの原型を作ったといわれ、伝説の存在となった。

     今回は2002年に発表されたアルバム「最終兵器」が解禁され、Zeebraは自身のツイッターで「お待たせしました!20周年という事でようやっとサブスク&DL解禁です!」と報告した。

     キングギドラのサブスク解禁にファンからは「ずっとこの日を待っていた」や「アツすぎ」「うれしい」と喜ぶ声が相次いだ。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/557e907e3c43faabfe160c74c899461fb72a62cf

    【【音楽】ついに!伝説的ヒップホップグループ「キングギドラ」がサブスク解禁!Zeebra「お待たせしました!」】の続きを読む


    ジュークとは ジューク (バンド) - 1978年に結成された日本のブルース・バンド。1983年に解散。 ジューク/フットワーク - シカゴを発祥とするダンス音楽のジャンルの一つ。 ジュークボックスの略。 19 (音楽グループ)。 19 - プロレスレフェリー。旧名:ジューク岡村。 リトル・ウォルターのブルース曲。…
    709バイト (146 語) - 2022年4月10日 (日) 09:30
    ますの勝手な感想

    懐かしい…

    1 湛然 ★ :2022/10/30(日) 06:59:43.27 ID:XIi+G3Iq9.net
    人気デュオ「19」3年余りで解散した知られざる“真相”…岩瀬敬吾「若かったのが一番大きい」
    10/30(日) 6:00 スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20221029-OHT1T51300.html?page=1
    人気デュオ「19」時代の岩瀬敬吾(右)と岡平健治

    (出典 hochi.news)



     テレビ東京系「じっくり聞いタロウ」が27日深夜に放送され、「いつの間にか姿を消した人気アーティスト 解散の真相大暴露SP」と題して過去の放送分を特集。大ヒット曲「あの紙ヒコーキ くもり空わって」で知られる人気デュオ「19(ジューク)」が02年に解散した裏事情を振り返った。

    (※中略)

     岩瀬敬吾(44)は、解散に至った要因について「すごく複雑に入り組んではいるんですけど、若かったというのが一番大きいかもしれません。自分の作品を世に放つまでは曲げられません、というところがお互い強くあったので」と説明。

     今後の再結成について聞かれると「少し考えたことはありました」と一瞬含みを持たせたが、「今は思っていないので、思った時もあったという感じです」と言い直していた。

    (おわり)

    【【テレビ】人気デュオ「19」3年余りで解散した知られざる“真相”…岩瀬敬吾「若かったのが一番大きい」】の続きを読む


    アニソングは、主にアニメ作品で使用される主題歌・挿入歌・イメージソングなどの歌曲、楽曲の総称。アニソンと略される。 アニメ(anime)と、歌、曲を意味するソング(song)を組み合わせた新語または造語の英語圏で使用されない和製英語。レコード、CDの販売や音楽配信において、主にアニメと分類されるジャンルの曲を指す。…
    64キロバイト (8,651 語) - 2022年10月28日 (金) 02:23
    だいの勝手な感想

    気付いたら生まれているもの

    1 爆笑ゴリラ ★
    2022年10月16日

    次世代のLiSAは生まれない? 大ヒットアニメ量産の裏でアニソン歌手が大ピンチ

    『鬼滅の刃』以降の流れか、ここ最近は一般層にも届き、大ヒットを記録するアニメが次々誕生している。それに伴い、OPやEDをメジャーアーティストが担当することが多くなってきた。いわゆるアニソン歌手の時代は、もう終わってしまうのだろうか…。


    メジャーアーティストのアニソンが当たり前に

    2022年秋クールの話題作を見てみても、メジャーアーティストによるOPやEDが多い印象。たとえば『機動戦士ガンダム 水星の魔女』は、OP曲に『YOASOBI』の新曲『祝福』を採用しており、既存ファンだけでなく若い世代の新規層開拓を狙っていることがうかがえる。

    また、今期の覇権候補『チェンソーマン』はOPに紅白アーティストの米津玄師を起用。大ヒットアニメの2クール目となる『SPY×FAMILY』も、誰もがよく知る人気バンド・BUMP OF CHICKENをOPに起用した。

    “アニメ”というコンテンツが昔より一般的になったことで、アニメファン以外にも知られているアーティストを招くことが、ちょっとしたトレンドになっているのかもしれない。

    ちなみに一昔前にも、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の主題歌に『JUDY AND MARY』の『そばかす』が採用されるなど、メジャーアーティストがアニソンを手掛ける時代はあった。しかし、楽曲はアニメの内容と無関係なものが多く、強引なプロモーション目的だと指摘されることが多い。

    ところが最近ではその傾向から一転し、メジャーアーティストが“作品のため”に創作を行い、アニメと合った楽曲を生んでいる。「水星の魔女」の「祝福」に至っては、歌詞の“原作小説”がアニメ公式サイトで公開されているほどだ。


    アニソン歌手はもう不要?

    メジャーアーティストがアニメのために曲を作る時代になり、ネット上では《アニソンアーティストって不要だよな》《そりゃ制作側からしたら一流アーティストに歌ってほしいか》《ガチの歌手に勝てるわけがない》《一般アーティストのファンをアニメに引き込めるからWin-Win》といった声が。“アニソン歌手不要論”まで囁かれている。

    とはいえ、今のところアニソン歌手が完全に淘汰されたわけではない。2022年夏アニメで話題になった『リコリス・リコイル』でも、OP曲を担当したのは『魔法少女まどか☆マギカ』シリーズなどでお馴染みのClariSだ。

    他にも『シャドーハウス』2nd SeasonのOP曲でインパクトを残した絶望系アニソンシンガー・ReoNaや、『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 冥き夕闇のスケルツォ』の主題歌を務める藍井エイルなど、活躍しているアニソン歌手も何人か存在する。

    しかし、ただでさえ数年前から、声優系アーティストやボカロ出身のアーティストがアニメ業界で存在感を発揮。そこに“アニメのための楽曲”を歌うメジャーアーティストまで参戦し、アニソン歌手は強力なライバルだらけになっている。

    今後、LiSAのような奇跡の産物がふたたび生まれることはあるのだろうか…。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/113217

    【【音楽】次世代のLiSAは生まれない? 大ヒットアニメ量産の裏でアニソン歌手が大ピンチ】の続きを読む


    Ado(アド、2002年〈平成14年〉10月24日 - )は、日本の女性歌手。所属事務所はクラウドナイン。所属レーベルはVirgin Music、ゲフィン・レコード。 小学1年生の頃から父親のパソコンでVOCALOID楽曲を聴き始める。小学校高学年になると、ニンテンドー3DSに配信されていたソフト…
    45キロバイト (3,902 語) - 2022年10月28日 (金) 16:39
    だいの勝手な感想

    皆さん色々考えられますね

    1 爆笑ゴリラ ★
    10/20(木) 14:37配信
    スポニチアネックス

    Ado 名前の由来は「日本の伝統的な…」「決めたのが小学生くらいのとき」

     歌手のAdo(19)が20日、文化放送「くにまる食堂」(月~金曜前11・00)にゲスト出演。Adoという名前の由来を明かした。

     パーソナリティーの野村邦丸から「Adoというお名前がどこから来てるかっていうと、実に日本的ですね」と振られた自身は、「そうなんですよね、結構Adoって響き単体だと外国語の何かなのかしら?って思われる方もいらっしゃるかと思うんですけれども」とコメント。

     続けて「日本の伝統的な狂言の役柄のシテとアドから取っていまして」といい、「名付けた当時、この名前にしようって決めたのが小学生くらいのときで。狂言について学ぼうってことで教科書を見ていたら“アドって響きかっこいい”って付けたのがきっかけですけど」と明かした。

     さらに「後付けにはなってしまいますが、アドという脇役として皆様の人生の音楽として、誰かの人生の脇役として支え役になれたら嬉しいなという思いで活動させていただいていますね」と語った。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/225f2376d497b7f8d54afaab058a4158bc2bd515

    【【歌手】Ado 名前の由来は「日本の伝統的な狂言の役柄のシテとアドから取っていまして」「決めたのが小学生くらいのとき」】の続きを読む

    このページのトップヘ