だいますのまとめ

芸能・ニュース全般に対するTwitter・2chの反応をまとめてます!!ブログ初心者夫婦!! スマホ依存夫【だい】とアナログな妻【ます】の二人三脚で頑張ります!!

    2022年06月




    (出典 3.bp.blogspot.com)



    1 風吹けば名無し :2022/06/28(火) 13:53:17.72 ID:8tJiQ7Uw0.net
    https://www.jaxa.jp/press/2022/06/20220628-1_j.html

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙飛行士候補者の書類選抜に合格した2,266名に対して第0次選抜試験を行った結果、以下のとおり合格者を決定いたしました。


    第0次選抜合格者数:205名
    (参考)
    男性188名(91.7%)、女性17名(8.3%)
    第0次選抜における英語試験合格者数 1,407名
    男性1,113名(79.1%)、女性292名(20.8%)、他を選択された方2名(0.1%)

    【【悲報】宇宙飛行士選抜試験あまりにも女性合格者が少ない…】の続きを読む


    さおり (SAORIからのリダイレクト)
    ローマ字 Saori - 日本のケータイ小説家。 Saori (音楽家) - 4人組バンドSEKAI NO OWARIのメンバー。ピアノ、ステージ演出担当。 SAORI (モデル) - モデル、女優。 SAORI - 1989年生まれの『non-no』モデル、瀬戸さおりの旧名義 SAORI (YouTuber)
    2キロバイト (266 語) - 2022年5月29日 (日) 17:33

    (出典 former-cdn.cinra.net)



    1 muffin ★ :2022/06/27(月) 16:33:58.79 ID:CAP_USER9.net
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202206270000297.html
    2022年6月27日

    男女4人組バンド、SEKAI NO OWARIのメンバーSaori(35)が27日までにツイッターを更新。「何で女性の大変さを分かってくれないの?」と嘆く出来事が起きたとし、選挙で投票する決意を新たにした。

    Saoriは「何で女性の大変さを分かってくれないの?と泣きたくなることが起きる」と書き出すとともに、「でも、私だって障がい者の方の大変さを知らなかった。私たちは皆、知らず知らずのうちに、誰かを傷つけてしまっている」と自戒。「靴の下で蟻が*でも気付かれない。声を上げないと何も変わらない。私は選挙に行く」と思いをつづった。

    この投稿には27日午前11時までに「いいね」が2万3000件を超えるなど反響を呼び、Saoriは「最初は投票システムは難しく感じるけど、『あ、これは嫌だな』とか、『こうして欲しいな』と思う気持ちを導いてくれそうな政党を見つけてみてね。一緒に選挙にいこっ!」と呼びかけた。


    (出典 pbs.twimg.com)

    【【芸能】セカオワSaori「何で女性の大変さを分かってくれないの?と泣きたくなることが…」参院選で投票する決意を新たに 】の続きを読む



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 muffin ★ :2022/06/29(水) 15:11:48.06
    https://www.jprime.jp/articles/-/24400

    芦田愛菜が主演を務める映画『メタモルフォーゼの縁側』が、6月17日に公開した。

    映画は漫画家・鶴谷香央理氏による同題作品を実写化したもので、書店でアルバイトをしている17歳の女子高生・佐山うらら(芦田)と、75歳で一人暮らしをしている老婦人・市野井雪(宮本信子)が、共通の趣味“ボーイズラブ漫画”を通じ、年の差を越えた友情を育んでいくという内容。なにわ男子・高橋恭平なども出演している。
    中略

    「キネマ旬報社の映画鑑賞記録サービス『KINENOTE』でも、一般ユーザーの多くが高評価の書き込みをしているのが確認できます。また、同サイトには映画評論家などによる新作映画批評『キネ旬 Review』というページも。

    『メタモルフォーゼの縁側』には映画監督で脚本家の井上淳一氏、映画ライターの服部香穂里氏、日本経済新聞社の編集委員・古賀重樹氏がレビューを寄せているのですが、実は、古賀氏のレビュー内容が業界内外の一部で問題視されています」(映画関連会社社員)

    井上氏のレビューは、芦田の演技を見て印象が変わったという評価で、服部氏のレビューには、作品の演出から感じ取ったことなどが記されているのだが、古賀氏のレビューには、芦田について「すでに少女ではないけれど、性的な魅力にあふれるというわけでもない。そんな中途半端な年ごろの感情を、実に理知的に表現している」とある。

    「批判されているのは、古賀氏が映画の内容と無関係な性的魅力云々を指摘しているという点。ネットユーザーからは“気色悪い”“女を性的な面でしか評価できないのか”“醜悪な視線”と嫌悪感を示す声も出ています。

    しかも、芦田はまだ女子高生とあって、古賀氏のたちの悪さが際立つ。そもそも「デジタル大辞泉」(小学館)で「少女」を引くと、普通は「7歳前後から18歳前後まで」を指すというし、そういう意味でも古賀氏の見解はおかしいのだが、“不適切レビュー”の撤回、もしくは釈明はあるだろうか。


    (出典 jprime.ismcdn.jp)

    【【映画】芦田愛菜の主演映画をレビューした評論家が炎上「女を性的な面でしか評価できないのか」「気色悪い」】の続きを読む



    (出典 4.bp.blogspot.com)



    1 風吹けば名無し :2022/06/30(木) 18:44:59.86
    「ここは優先座席だぞ」女性から無理やり席を奪おうとするおじいさんが問題に
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d069c4cc4c29926565055a559371f59e6ff02d6f

    「私に触れないで!」

    地下鉄の車内で若い女性の叫び声が響く。そんな嫌がる女性に構わず、必死で彼女から席を奪おうとする男性の老人。

    老人は彼女の後ろにあるマークを指差しながらこう言った。「ここは優先座席だぞ」──。

    優先座席に座っていた若い女性から、老人が無理やり席を奪おうとしたところ、女性は「触らないで」と声をあげた。

    しかし老人は、「ここは優先座席だぞ。老人が座るためにあるんだ」と彼女の身体を引っ張り続けた。その後、見かねた別の乗客がこの老人に席を譲ったことで騒動は収まったそうだ。

    この動画がネット上にアップロードされるやいなや、「若くて元気があるのだったら優先座席には座ってはいけない」という声もあがった一方で、「譲り合いは必要だけど、座る権利は誰にでもある」「手を出す前にしっかりと話し合うことが大切」「見た目で判断しちゃいけないでしょ。この人が妊婦だという可能性もある」と老人を非難する声が多くのネットユーザーから上がった。

    ちなみに地下鉄のスタッフは、優先座席の使用に関して、「あくまで譲り合いが原則で、強制できるものではない」と同メディアの取材に対して答えたそうだ。

    【【悲報】「ここは優先座席だぞ」女性から無理やり席を奪おうとするおじいさんが問題に😔】の続きを読む



    (出典 messagewoeigode.com)



    1 3K宇宙背景放射(東京都) [EU] :2022/06/30(木) 13:41:00.83

    コロナの感染拡大に伴って東京都内の各地で実施されている無料のPCR検査等に関して、「外国人に不親切すぎるのではないか」という意見が読者から寄せられた。
    「外国人」といっても主に国内に在住の人々であり、海外からの旅行者等は無料検査の対象外だ。
    (略)
    情報提供者曰く、検査会場に掲示された説明には日本語しか見当たらないという。
    (略)
    外国人が多く集まる場所でも同様だ。
    例えば、JR渋谷駅付近の渋谷センター街には、路地裏に小さな検査会場が設置されている。
    だが、やはり説明書きは日本語のみである。現地を訪問してみたが、会場に立ち寄って検査しているのは日本人ばかりだった。

    (出典 tanteifile.com)

    都の公式サイトの説明も、基本的に日本語だ。
    英語で読むこともできるが、機械翻訳を利用した自動変換だ。
    (略)
    検査期間の延長に伴い、最近になって内容の一部が改められたが、それ以前は特に誤訳がひどく、日本語での説明と全く異なる点も多かったと、情報提供者は指摘する。
    一例として、英語版では今春からの検査体制の説明が、2004年4月1日からとなっていた。
    対象事業者の応募期間も、2003年12月17日から令和28年2月28日と書かれていた。
    英語版では西暦ではなく和暦で記した箇所が多いことも外国人には分かりにくいのではないかと、情報提供者は述べる。

    (出典 tanteifile.com)


    (出典 tanteifile.com)

    都の担当部署に尋ねたところ、外国人の場合、一定期間の滞在であっても住所を確認できれば無料検査の対象になるという。
    また、現状では英語での情報提供は機械翻訳によるものに限られているとのこと。
    検査会場に用意された受付申込書も、日本語のみであるという。
    (略)

    記事全文とそのほかの画像一覧 https://tanteifile.com/archives/42689

    【【悲報】東京都のPCR検査、外国人に不親切すぎ…HPの英語も誤訳だらけでとんでもないことに(画像あり) 】の続きを読む

    このページのトップヘ

    body { font-family: "游ゴシック", "Yu Gothic", "YuGothic", "メイリオ", "Meiryo", sans-serif; font-weight: 500; }